交通事故で負った問題を解決するために誰かを頼る

Posted by baadmin on 2015年7月27日 in 交通事故に遭ったらやること |

交通事故で生じるさまざまな問題。これを解決するために行動を起こすことが必要になるわけですが、一人で多くの降りかかってくる問題。これを解決できるとは思わないことです。
例えば交通事故によって負ってしまった身体的な衝撃、後遺症は適切な病院で医者に相談することで、なるべく体を前の状態に戻すための治療を相談すべきですし、加害者とお慰謝料の相談は弁護士との相談で適切な交渉を進めていくことが大切になります。
ここで間違っていけないのが、人を頼ることへの無駄な抵抗感です。
交通事故という、ちょっとした非日常を経験したのですから、強がっている場合ではありません。他人を頼るタイミングさえ間違わなければ、絶対に誰か近しい人が助けになってくれるはず。
絶対に1人で解決しようなんて思わないことです。


『交通事故で悩んでいる他の人』

交通事故に直面したのは確かにあなた一人の問題かもしれません。ですが事故で生じた問題で悩みを抱える人はたくさんいます。それらの人に、自分はどんな問題を抱えているがあなたはどうだと意見を求めてみましょう。


『誰かを頼るという事』

円滑なコミュニケーションの中で大切なのは、適切な会話などの他に、誰か他人に助けを求める、頼るということが大切になります。この誰かを頼るのも実は能力が必要なことで、誰でもできるものではないことを知っておきましょう。
誰かを頼ったほうが問題は早く解決するのはいうまでもありませんし、頼られたほうも悪い気がしないという事も知っておきましょう。                                                                                           

交通事故問題で弁護士を呼ぶメリットとは?

Posted by baadmin on 2015年5月29日 in 交通事故に遭ったらやること |

交通事故が起こってしまったときに真っ先にするべきなのは人命救助です。
しかし、それだけではこの問題を解決させることはできません。
被害に遭われた方は、治療に専念するのと同時に、心強い弁護士を探しておきましょう。


納得のいく金額を手に入れるには弁護士のサポートが必要

人身事故の場合、治療が始まったときから弁護人をつけるといいです。
メリットとしては、医師に適切な診断書を書いてもらえることがあげられます。
こうすることで、後に行われる示談交渉や後遺障害認定で納得のいく慰謝料をゲットできるようになるのです。
症状固定前からサポートしてくれる弁護人を探し、加害者からきっちりとお金を払ってもらうようにしましょう。


交通事故における後遺障害の範囲は広い

後遺症が残ってしまった場合、数十万円から数千万円までの慰謝料の請求ができます。
ここで「後遺障害ってどこからどこまでなの?」という疑問がわいてきた方もいらっしゃると思いますが、実はこの範囲はけっこう広く、症状固定後の痛みまでも認められるといわれています。
症状固定がなされると「もう慰謝料を請求しても遅いだろう」と思ってしまいがちですが、そこであきらめてしまうと損をしてしまうかもしれないので注意しましょう。
交通事故に関しえて少しでも疑問に思うことがあったら、すぐに弁護士に相談してくださいね。

知っておきたい交通事故後の治療費の話

Posted by baadmin on 2015年5月29日 in 交通事故に遭ったらやること |

交通事故の被害者になってしまったら、加害者にきっちりと治療費を払ってもらうことが重要です。
納得のいく金額を払ってもらうためには、どのような手続きを踏んだらいいのでしょうか?


保険会社に流されないようにするために

治療打ち切りという意味の「病状固定」という言葉があるのですが、これを加害者側の保険会社が一方的に決めようとすることが交通事故の現場ではよくあります。
しかしこれに流されて「自分は病状固定だ」と認めてしまうと、少ない治療費しか受け取れなくなってしまいます。
固定するかどうかは医師が判断することですので、保険会社がそう言ってきても流されないようにしましょう。
この通知は、保険会社が自らの利益を守るために送ってくるものです。
それに従ってしまっては損をするだけなので、きっちりとNOをつきつけましょう。


交通事故に強い弁護士を選ぶ

万が一重い症状が残ってしまったら、弁護士に相談するのが重要です。
その際どんな人物を選んだらいいかというと、交通事故の問題に精通している弁護人です。
そのような人だと、治療が始まってからしっかりと法的なサポートをしてくれます。
パートナーを選ぶ際には、できれば先に連絡を取り、治療がスタートした段階から手続きに応じてくれるかを確認しましょう。

交通事故に遭ってどのタイミングで弁護士を呼ぶべきなのか

Posted by baadmin on 2015年5月29日 in 交通事故に遭ったらやること |

交通事故に遭ったらすぐに弁護士にも連絡を取ったほうがいいと言われています。
では、どのようなタイミングで依頼をした方がいいでしょうか?


治療が始まるときに弁護士に依頼しよう

頼むタイミングは、交通事故に遭い、治療がはじまるときです。
特に後遺症やむち打ち症などの大きな障害が残ってしまうとわかったら、高額な慰謝料を払ってもらうために弁護士を呼びましょう。
ここで法に詳しい人を味方につけておくと、のちのちの示談で優位に話を進めることができます。
警察や病院とのやり取りだけでも大変だと思いますが、後で後悔をしないためにこのタイミングで手続きを行っておきましょう。


交通事故に強い弁護士を選ぶのがコツ

では、どのような弁護士を選んだらいいのでしょうか?
一言で言えば、「交通事故に強い人」です。
あまり知られていないかもしれませんが、法曹界には事故の問題に特化した法のプロがおり、そのような人に頼むと高額な慰謝料を得ることができるようになるのです。
しかし逆に事故問題に弱い弁護人もいるので、良く調べておきましょう。
ちなみに、「怪我の治療が終わってから依頼をしてほしい」という人は交通事故に弱いと言われているので注意しましょう。

交通事故で後遺症が残ったときのお金はどう請求する?

Posted by baadmin on 2015年5月29日 in 交通事故に遭ったらやること |

交通事故に遭ってしまったときに後遺症が発生すると、損害賠償金を請求できます。
どのような手続きを踏めばお金を受け取れるのでしょうか。


交通事故後、後遺障害等級に認定されることが必要

治療が始まって後遺症が残ってしまうとわかったら、すぐ弁護士に相談しましょう。
損害賠償金を受け取るためには、法的な手続きが必要なのです。
そして重要なのは、後遺障害等級に認定されることです。
これに申し込むには、まず、加害者が入っている保険会社に診断書等の書類を送ります。
そして保険会社を通じて自賠責保険審査会に審査してもらい、等級を得るのです。
各等によって支払金額が決まっており、提示された額が被害者側に入ります。
後遺症が残ってしまった場合には、このような手続きをしっかりと踏んでお金を請求できるようにしましょう。


慰謝料の額は自賠責保険と弁護士基準で違う

適した額の慰謝料や損害賠償金をもらうためには、交通事故に強い弁護士を雇う必要があります。
なぜなら、その後遺症が発生したときの慰謝料は自賠責保険のものと弁護人のものとで大きく違ってくるからです。
法のプロの方が数倍高い金額を請求してくれます。
なるべく高額の慰謝料を請求したいなら、保険会社から言われた金額をそのまま受け入れるのではなく、法律に詳しい人を雇って対処してもらいましょう。

Copyright © 2012 交通事故では強い弁護士と一緒にお金を請求しよう. All Rights Reserved.